大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

subaco study靱公園 リーダー

飯田 哲也

『働くために大切な“やりがい”を実感できる職場です』

 私は専門学校を卒業後、児童養護施設で働いていました。そこでは、様々な家庭環境で親や親族と離れて子どもたちが生活を送っており、私は10年間、子どもたちの生活に寄り添ってきました。そんな、子どもたちとの出会いの中で、私の人生を変えるきっかけとなった一人の女の子がいます。その子と私が出会った時、女の子は小学5年生でした。学校の授業についていけずクラスに入れずに「学校に行きたくない。」と休みがちになっていました。女の子のことが心配になった私は、一緒に専門機関へ相談に行きました。その時、女の子に発達障がいがあることが分かったのです。しかし、発達障がいへの知識がなかった私は、女の子に何をしてあげれば良いのか分からず、専門機関や学校の先生に相談をしながらなんとか進学に向けて進むことが出来ました。女の子は現在、高校に通いながら将来の夢に向かって歩んでいます。しかし、私自身、彼女に何が出来たのか・・・。専門知識があれば、何かできたのではないか・・・と思い、もっと勉強しなければと進学をすることも考えました。

 そんな時、subacoのホームページを見つけ、働きながら勉強が出来る環境があることを知りました。しかし、本当に勉強出来るのか、新しい環境でやっていけるのか不安もありながら「働きながら学べる環境」への期待を胸に入職を決意しました。実際に入職してみると、不安な気持ちは「やりがい・希望」へと変わりました。入職した当初は、専門知識がほとんどなかったのですが、先輩職員が一から丁寧に教えてくれました。学ぶ環境も整っているので学びながら働くことが出来る職場だと感じました。児童との関わりで困っている時も、先輩職員がアドバイスをくれ丁寧に教えてくれるので、児童との活動も楽しみながら行うことが出来ています。

 私がもっともやりがいを感じるときは「できない…」と自信がなかった児童が、苦手を克服して「先生みて!」と自信たっぷりの表情を見せてくれた時です。そのキラキラと輝く笑顔を見た時、これほど「やりがい」を感じられることは他にないと思いました。

 

 subacoでは、自分自身の「やりがい」を持てるだけでなく、児童にも「できた!」とやりがいや自信を持って貰うことが出来る職場だと思います。新しくスタートすることは、不安なことがあると思います。しかし、新しくスタートした先には、不安以上に「希望」が開けています。


新しくスタートする一歩を、踏み出してみませんか?

応募申請をする