大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

はじめての・・・

バッタ バッタ

バッタはみどり

バッタは跳ねる

どうして跳ねる?
 

虫(生き物)に対して苦手さを持っている児童がいます。

不規則な動きであったり、姿が気持ち悪いなと思うこともありますね。
 
この日、公園に出かけたAくんも虫が苦手でした。
 

草むらの中で見つけた、跳ねるものに対して

「なんだろう?」と興味を示したAくん。

 
「なんだろうね?」
 
「どうして跳ねるのかな?」と、尋ねると
 
「うーん。」と考え、突然  Aくんの手が伸びました
  
「あっ!バッタや」と、捕まえることに成功しました。

 
バッタをよく見ると、長い足があります。
 
「だから、跳ねるんか」
 
自分の手で捕まえ、観察し跳ねることを知ったAくん。
 
その後は大切にそーっと持って帰って、subaco bondのお友達に見せてくれました。
 
次のグループの児童はそのバッタのご飯となる、葉っぱを公園に取りに行ってくれました。
 
自分で捕まえるから愛着がわくんでしょうね。

 
帰り道に、Aくんが「おれ、はじめて虫つかまえてん」と誇らしげに教えてくれたことも印象的でした。
 
頑張ったね。Aくん。(subaco bond:横尾孝治)

subaco bondの活動報告はこちら