大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

一番じゃないとダメ?

一番じゃないとダメ?
『どうして1番じゃないとダメなんですか?』
 
 
『2番じゃダメなんですか?』
 
 
どこかで聞かれたこの言葉。
 
世間で騒がれたこの言葉。
 
 
 
 
どうなんだろう?
 
 
1番が全てというわけではない。
 
2番にも価値があるし、意味がある。
 
でも、
 
1番でないと恐いんだ。
 
 
『向上心が強いんだね。』と周りは言う。
 
 
そうなんだろうか?
 
 
(2番でもいいや。)
 
 
皆がそういう気持ちになったらどうだろう?
 
 
それでボクらの社会は豊かになっていくのだろうか?
 
 
競争社会は息苦しいことだと思う。
 
 
でも、人はより良いものを選んで生活している。
 
 
同じ質であれば、なるべく安く手に入れたいし、
 
同じ価格であれば、なるべく質の高いものを手に入れたい。
 
同じ時間、同じ料金ならば、一番確かな人に教えてもらいたい。
 
 
それぞれ形は違うけれど、
 
 
1番をたくさんの人が求めている。
 
 
1番はみんなにとって1番の人気者なんだ。
 
 
 
 
 
 
でも、
 
 
1番になりたいけれど、
 
1番になったことがない子もいる。
 
 
1番になりたいけれど、
 
1番になんて、なれやしないと思っている子もいる。
 
 
 
なんなんだろう?
 
 
『2番じゃダメなんですか?』
 
 
なんなんだろう?
 
『1番じゃないとダメなんですか?』
 
 
 
どういうことなんだ?
 
 
 
1番がいいんだ。
 
1番になりたいんだ。
 
 
 
 
あぁ、そうさ。
 
 
まだないさ。
 
 
1番になったことなんて。
 
 
いつか、なってみたいと思ってる。
 
 
みんなより、走りも、計算も、言葉も遅いボクだけど、
 
 
こんなボクにだって、1番を勝ち取る日がいつかくると信じてる。
 
 
 
だから、やめないんだ。
 
 
馬鹿にされたって、
 
恥ずかしい気持ちになったって、
 
悔しくて、涙が枯れるまで泣いたって、
 
世界の終わりのように、落ち込んだって、
 
ボクは続けるんだ。
 
 
 
 
 
1番になりたいんだ。
 
 
 
みんなのために。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Never give up!
 
    -subaco-