大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

世界一おいしい?

Aくんは、集団活動が少し苦手です。

この日もみんながピザ作りをしている中、

「やらへんもーん!」と寝転がっていました。

理由は、ピザを食べないので作っても意味がないということ。

それでも、いつもと違うのは、みんなと同じ部屋にいれたことです。

自閉スペクトラム症の中には、想像性に課題を抱える児童が多くいます。

見通しが持てなかったり、興味が限定的であったり、こだわりが強かったり…お友達とうまくいかないといった困難さが出てきます。

また、Aくんには過敏さもあり、ケチャップやチーズが手に付くことも嫌がっていました。

そこで今回は、絵カードを作成して工程を視覚からの情報で補えられるようにしました。


「何番は先生が手伝うよ(^^)/」

「先生も食べたいなー」「誰か作ってくれたら嬉しいな〜」

私の目を見たKくん、ピザを作ってくれました。



「世界一おいしい?」と少し不安そうな顔の Kくん

 

「世界一おいしい!!」と応えると、くしゃと目尻がさがり満面の笑顔が見られました。

 

来所時は、雨も降っており「濡れるの嫌っ!」と怒りながら来たそうですが、

「帰りは『ちょっとやったら濡れても大丈夫』と過敏さも吹き飛ばしていました。」

と、お母様から聴くことができました。

その言葉が本当にうれしいです。

「美味しかったよ。ごちそうさま。Aくん」

subaco bond:横尾 孝治

Instagramにも載せているのでまたみて下さいね!