大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

何色から書くのかな?

ぼくは、本を読むのが好き!

だからひらがなぜ~んぶ読めるんだ!!

『りんご』『がっこう』『ぱんだ』・・・。

難しい言葉だって、へっちゃらだよ。

 

でもね…。ひらがなを書くのが

ぼくは、ちょっと苦手なんだ…。

 

『ぬりえ』の『ぬ』は

最初右から左にいってななめに・・・

次は・・・左から右にぐる~っと・・・

あれ??なんでかな?

なんか違う。なんだか上手くいかない。

なんでかな?先生、教えてよ!

   

子ども達の中には、線と線の交わりや、

位置関係を捉える事が難しい子がいます。

Rくんは、1画目がどこから始まって、

どう書き進めばいいのか分からずに

苦戦していました…。

そこで、今回使用したアイテムが…

『カラーマスノート!』

1つのマスを4つの色に分けて

文字の形や線の配置を

わかりやすくするものです。

 

”よ~く見て。何色から書いてるかな?” 

みどりから・・・きいろ・・・

次は、ぴんくからみどり・・・

きいろをとおって・・・

 

見てみて、せんせい!

ぼく、上手に書けたでしょ!

subaco study 靱公園(上田千晶)

subaco studyの活動日記一覧はこちら