大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

年末のご挨拶


営業日のご案内

 本年は12月27日(金曜日)をもちまして年内のサービス提供を終了させていただきます。

年始の営業は1月6日(月曜日)から開始となりますので、ご理解、ご了承いただけますようお願い致します。

年末のご挨拶

令和元年となりました本年も残すところわずか数日となりました。

本年もご利用くださった保護者様をはじめ、地域連携活動にご協力いただきました保育園、幼稚園、小学校や医療機関の先生方、運営面でご指導いただいております行政機関のご担当者様や事務作業で連携させていただいている他事業所のご担当者様、皆様に深く感謝いたしますとともに、来年もより一層のご指導、ご鞭撻いただきますようお願い申し上げます。

 

  本年の締めくくりとして2019年を振り返り、subaco今後の歩みを考えたいと思います。

 

世界では

・世界的に国力格差、企業間格差、個人の貧富の差がさらに広がり、世界経済の

枠組みや統治ルールを変えざるを得ないほどに各国間でアンバランスな状況に

なっていると報じられています。

・地球温暖化のためか、世界各地で異常気象による被害が出ています。

・これらの課題に対し、国連加盟国(約190カ国)は

SDGs(エス・ディー・ジーズ:持続可能な開発目標2015年〜2030年)を掲げ、

 課題解決に向かって努力することで合意しています。

(右図参照:各目標にはそれぞれ「ターゲット」と呼ぶ下位項目が設定されています。)

 

 

日本では

・出生数が今年90万人割れとなることが連日報道されています。総人口は2008年をピークに減少に転じ、少子高齢化がさらに進んでいます。

幼児教育を無償化し、養育負担を減らすことで子どもを産み、育てやすい環境を作ることや、定年時期の延長、定年後も高齢者の活躍の場を創設するなど、課題解決のための施策が講じられています。

 

そしてsubacoでは

SDGsの目標「質の高い教育をみんなに」の中の、ターゲット「2030年までに全ての子供が男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケアおよび就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。」に加えて、subacoでは、「発達に偏りが見られる初等教育年齢の児童に対し、初等教育が円滑に進むように、療育を実施する。」ことを放課後等デイサービスの目標として、引き続き取り組んで参ります。

 

・subacoに通っている子どもたちの「できた!」の笑顔がお母さま、お父さまの喜びにつながりますように

職員一同、全力で頑張りますので来年もよろしくお願いいたします。

 

令和元年12月27日

株式会社スバコ・ケア・エンジニアリング