大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

灯りの向き

言われなくても分かってるから!  ゲームの時間は30分まででしょ!

まだまだ時間もたくさんあるし!  30分になったらちゃんとやめるよ!!

 

え、ちょっと待って。もう30分?まだまだ!この勝負が終わってからだよ。

時計だって全然見てなかったんだから、急に言われてもやめられないよ。

スクリーンショット 2017-04-20 13.19.59

決められた時間にゲームをやめられない子どもがいます。

いわゆる「切り替え」が難しいと言われる子どもたちです。

大好きなことに夢中になっているときに

呼びかけられても返事ができなかったり、他のことに気づかなかったり

切り替えの難しさの原因のひとつに、注意をコントロールすることの難しさがあります。


スポットライトはひとつのものを華やかに照らしてくれますが、

シーリングライトのように部屋全体を明るく照らすことはできません。

部屋全体を明るく照らさないと、見つけられないものもあるでしょう。

だけど、スポットライトの向きを変えてみると、

見えてくるものもあるのかもしれません。

ほんの少しだけ、灯りの向きを変えてみよう。

もっと素敵なことが待ってるかも。

もっと楽しいことが待ってるかも。

彼らがいつか、誰かのことを照らせるように。(重松)

switchの活動記録一欄はこちら