大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

視線の先には

草って不思議だね

知らないうちに大きくなっていく。

 

バッタって不思議だね

ピョンって跳ねたり、止まったり。

 

種を埋めると芽が出るのに

石を埋めても芽は出てこない。

 

「ねえ 先生なんで?」

 

subaco bondに通う児童の中には自然の変化に気付きにくい子、

興味が偏ってしまう子ども達がいます。

その物がどのように変化していくのかという想像性を育むために、

subaco bondでは自然から恵を頂き、育てています。

 

今日も元気な声が聞こえます

 

「バッタどうなった?元気?」

「今日も葉っぱ取りにいこ!」

 

バッタを通して仲良くなった児童がいます。

バッタを通して虫に対して自信を持てた児童がいます。

命を通して私たちは、子どもの見る世界を少し覗かせて頂いた気がします。

虫かご一つを持って走り回った幼い頃。

あの時、自分は何を考えていたのかな?

子ども達の「なんで?」は、成長のしるしです。

「命」と言葉で伝えるよりも、

身体を動かし、経験と知識を。


自然から学べるそんなsubaco bondに。(横尾孝治)

subaco bondの活動報告はこちら