大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

音韻意識

 

話せないのは

書けないのは

きっとボクだけのせいじゃない

 

言葉のキミにも理由がある

 

だってキミ

曖昧さが売りの

ハッキリしないヤツなんだろう?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この世界に数を持たないものはあまりない

 

そんな不思議に導かれるよう遊び始める子どもたち

 

落ち葉を一枚拾ったり

小石を一つずつ並べたり

積み木を一つ一つ積んでみたり

 

 

どんな固まりも「一つ」という単位で包まれていて

その「一つ」「一つ」を操り遊びはじめる子どもたち

 

 

そんな「一つ」「一つ」という成り立ちが

口に入れられるモノや目で見えるもの

手で触れるものだけでなく

耳から聞こえるモノ

「音」という単位にも当てはまる

それに近いモノが『音韻』なのかもしれません

 

 

『音韻』という漢字2文字

その『音』の字の前には『言語』が隠れていて

ここでは『言語音』の韻(響き)を意味しています

 

 

一塊りの文を作る一かけらの単語や助詞

一かけらの単語や助詞を作る一粒が音韻

 

この音韻の一粒の範囲に曖昧さがあり

その理解につまづく子どもたちがいます

 

 

例えば

『りんご』が『り・ん・ご』の3単位の音韻からなる

その理解につまづくことがあります

 

音韻は母音または母音と子音のセットで1まとまり

(/a/や /pa/など)

そう教わるよりも

声と一緒に息を吐き出したり

口を開閉する運動の感覚を

音韻の1 まとまりと認識していきます

そうなると

長音(ー)や促音(っ)などはその基準に当てはまりにくいため

『国語』として教科的な知識を学ぶ必要があります

 

 

その教科的な学びのなかでも

特に『ん』という撥音はやっかいで

『ん』は50音の1つに認められた音韻ですが

『ん』だけ口から息が出ない音韻(鼻音)という特色があります

そのため『りん』や『そん』などと聞こえる範囲を

一つのまとまりと認識する陥りやすさが潜みます

 

そうではなく

『ん』の響きは音韻の一つと習う必要があるのですね

 

 

まだまだ複雑なことは続きます

 

 

聞き言葉や話し言葉の音声言語では

無声化という現象が起こります

 

 

 

『すき』という言葉や

『〇〇です』という言葉も

書き言葉なら『す』という1文字になり

ローマ字変換すれば/SU/の2文字ですが

 

話し言葉になると

『ʃki』(ski)

『ɗeʃ』(des)

というように

『す』の/u/ の母音の発声が消えるのです

 

 

しかしながら

『ʃki』という聞き言葉と

『すき』という書き言葉では

物理的な違いがあっても

人の認知的な次元では

同じ音韻として認識されます

 

不思議ですよね

考えれば考えるほど難しく感じてしまいますよね

 

 

そんなミステリアスな言葉を

大人は子どもにどう教えていくべきでしょう?

 

 

読み書きにつまづく子どもたちに

音韻操作のレッスンとして

言葉を逆に言ったり、書いてみたり

(「さかな」を「なかさ」)

言葉にある文字を除いてみる練習があります

(語中の音節を除いて「さかな」を「さな」)

 

 

音韻を正しく並べ替えることだけが狙いではなく

子どもが言葉のいい加減さ、粗さに引っかかっているかを調べるために

「ふくろ」や「あした」など母音の/u/や/i/が無声化する特徴をもつ語を刺激してみて

そこで子どもが答えた内容よりも

子どもの答える自信の度量に注目し

「ろくー」と書いても

「たしゃ」と言っても

 

(そうだよな)

(そうなるよね)

とその子が認められることが

スモールステップの1段目のように思います

 

 

間違った子なんていない

人が作る完全なモノなんかもない

 

 

いい加減な相手でも

付き合いうまくすることで

感じる幸せがきっとある

 

 

言葉以上に大切なものを学びたい

それを言葉で学べるものではないかも知れませんが

子どもが言葉の奥にあるものを知るために

子どもが言葉の奥にあるものを伝えるために

言葉の端を学んでみませんか?

 

 

少しずつ

少しだけ