大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

春はあけぼの

 

〜 春はあけぼの

やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて

むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる 〜

 

 

春が今年もやってきた

春といえばなんだろう

桜、お花見、入学式、入社式、就職活動、、

 

厳しい冬を乗り越えて

幸せなムードに包まれるこの季節

 

友達100人できるかな?

そんな豪華な歌もあるけれど

穏やかな変化を贅沢に思うのは

この子だって

親だって

 

 

学校の授業についていけるかな?

学校が嫌いになったりしないかな?

友達とうまくやっていけるかな?

 

心の内にある期待は些細なもので

不安が期待を覆う時もあるのではないでしょうか

 

 

 

そんな春に自分が心ときめくもの

自分にとって春といえばのお気に入り

それが『あけぼの』と言い張る清少納言

 

文学として有名な本だけれど

春の象徴として「明け方」は代表的ではないように思う

 

 

それでも清少納言さんにとっては

春といえば「明け方」の景色であり

 

その素朴で細やかな表現が

豊かな感受性として現代にも継承されているのでしょう

 

 

 

誰もが見ている場所

誰もが過ごしている場所

 

そんな場所なのに

この子にしか見えないものがあり

この子の心しか動かさない景色がある

 

 

それをこの子が外の世界に表した時

あっと驚く世の中がある

 

 

算数の始まりだって個々の子にとって

それぞれに自然な場所があるのだろう

 

 

数を言葉で文字にする驚きだって

詠み人知らずの唄かもしれない

 

 

 

1+1が2であることを分かることが正常な発達ではなくて

分かったと思えて手を挙げるよりも

分かった気がしない

すぐには分かった気になれない

 

今まではそう考えずに生活できていたことから

どこか納得のいかない気持ちの悪さを消しきれず

 

本当は間違っているかもしれない

そう思う子どもがいることも

人として尊い知の在り方だと思う

 

 

答えがあっているのに 

みんなの前で手を挙げない

それだって子どもの心に宿る情けなのだと思う

 

 

対人援助技術にある評価は

人が人の能力を測ることではなくて

得られた事実によって 生きる喜びに感謝できる

創造的で芸術的な行為でなくてはいけない

 

 

生活の悩みから障がいの原因を仮説し

検査の結果から主訴を紐解いていくこと

そんな単一科学的な支援ではなくて

 

この子の立場から見れば

この子のお母さん・お父さん・兄弟の立場からすれば

成り立っている現象に

多くの人々が感動し、救われる

そんな支援が新時代の常識になると

ボクらは信じる

 

 

 

山際は山なのか?空なのか?

夜明けは夜なのか?朝なのか?

 

 

不明瞭な場所にこそ

現れやすい変化を発見し

その価値を認識できる人の心があります

 

 

はっきりしないからこそ揺れ動くものに

寄り添う仲間が増えた春

 

 

新入社員としてsubacoご利用者様・ご関係者様には

至らぬ点があるかと存じますが

この子らが世の光になれるよう

当事者様と二人三脚で精進していく所存です

 

 

何卒 宜しくお願い申し上げます

 

 

A crowd of people turned away

But I just had to look

Having read the book

I’d love to turn you on

 

 

 

  The Beatles -A day in the life