大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

The war of 7 o’clock

 

それはいつも起きている

激しさがじわじわ増している

 

子育ての忙しさ

仕事の両立

 

多くのことが

動きだし

飛び交って

ぶつかり合う

 

そんな時間帯

 

それが「7時の戦い」

 

 

壇ノ浦や関ヶ原

社会の歴史に残る大戦ではないけれど

 

必ず朝夕1日2回

ワタシとこの子の暮らすこの街で

それはいつも起きている

 

 

もうすぐ7時

 

今日のあの子は

一人で目覚めることができるだろうか

 

さぁ7時

まだ7時・・・

もう7時!!!

 

 

「何時だと思っているの!」

 

今日も大きな声で

家族の朝が始まった

 

朝ごはんが菓子パンなら

少し楽だと思うけれど

 

少し悪い気がして

鍋を取り出す 

 

 

ホットケーキも

簡単すぎると悪い気がして

バナナかレーズンを混ぜて焼く

 

 

時間がないのに

手間をかける

 

世話の仕方が親に似る

 

 

片面が焼きあがるまで

フライパンの前で

待っていられず

 

昨晩干したシャツに期待して

6月のベランダに出る

 

乾いてくれている

ホッとする

 

朝の部1勝なり

 

 

 

お気に入りだったロードバイクも

今ではママチャリ

外観よりも電動優先

 

子どもを乗せて園へ走る

ジムかのように

ペダルを漕ぐ

 

 

気持ちを楽にするために

自転車に乗りながら歌ってみる

 

 

子どもの知らない歌

親が好きだった歌

 

歌い方までも親に似る

 

 

次は夜の部

7時の戦い 後半戦の始まりだ

 

あの子はお風呂で歌っている

 

脱いだ靴下は表をむいている

 

 

親として助かることを

あの子は外でも学んでいるようだ

 

本日2度目の勝利なり

 

 

Once there was a way to get back homeward

Once there was a way to get back home

Sleep pretty darling, do not cry

And I will sing a lullaby

 

 

            Golden Slumber – The Beatles