大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

息子


中学生になった長女は吹奏楽部に入部

 

次女もバスケットが一段と忙しくなり妻もその引率

 

なので

なかなか休みに家族が揃うことが

難しくなってきました

 

1人が嫌いな私のあそび相手は

年長の息子だけ(笑)

 

この日は、近くのパン屋さんへモーニング

 

普段あまり

じっと

見ることがないのですが

 

パンを食べる時

全力でパンをたべるので

変な顔になります

 

 

また

 

コーヒーなんかも

飲まないのに

パパと一緒がいいと

一杯30円のコーヒーを注文

 

「パパと一緒がいい」という

言葉に弱い 私です

 

 

このコーヒーの紙コップ

「何色?」と聞くと

「葉っぱの色」と応えます

 

 

でも、自分の思っている

葉っぱの色と違うと

いろいろごまかします(笑)

 

緑って難しいですよね

木々の緑もよく見るとちがいます。

それだけ目にする機会が多いのかもしれませんね。

 

「信号はアオで渡りましょう」というのは

息子にとっては難しいようで

信号は「なんやったっけ?」

とよく言ってます

 

最近は「緑色やな」と教えています

 

この日は

街の中の緑を探しに行きました

 

息子が

自分で撮った緑です

 

 

いっぱいあるな~

 

昼からはバスケの試合へ

 

「あっ!みどり」

 

お姉ちゃんのユニフォーム!

 

 

ナイス!発見や!

 

ゆっくり

いろんなこと 経験していこう

パパといっしょにね。

 

 

subaco bond:横尾孝治

職員の趣味日記一覧はこちら