大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

おしゃべりクッキング

今回subaco switch谷町では、

バレンタインデーにちなんでチョコチップ入りスコーンを作りました。

 

お話を聞く間子どもたちの目はキラキラ輝いています。

 

みんなと一緒にお菓子作り。

ワクワクする気持ちでいっぱい!

 

ついついお喋りも弾みます。

 

「今日はさぁ、おばあちゃんのところに行ってさー…

でさ、お父さん今日はお仕事お休みでね…」

「ぼくチョコレート食べられないからさ…」

 

 

このように、

お喋りしながらでも手を止めずにクッキーをこねる、といった

複数のことに意識を向けることが苦手な子どもたちがいます。

 

 

時間を気にしながら遊んだり、力を加減しながら泥団子を作る

といったような「〜しながら〜する」行動が苦手です。

 

 

これまでは、お喋りすると完全に手が止まり

みんなが終わる頃にようやく

「しまった!」と急いで作業を始めていたSくん。

 

 

おしゃべりしてても「手を止めない」、今することに「集中!」

意識を向ける先をはっきりさせて、

自分に声を掛けて取り組んできたその成果が現れ、

 

今日はお喋りを楽しみながら、手を止めることなく

みんなと一緒にスコーンを作り終えることが出来ました!

 

褒められて嬉しい気持ちも一緒にラッピングして

お家の人にプレゼントしてね(^^*)

(subaco switch 有馬 千恵)

 

 

これまでのsubaco switch活動報告はこちら