大阪市天王寺区・西区の
児童発達支援・生活介護「スバコ」

児童デイサービスで働く看護師


看護師と言えば、病院で働いているイメージがあります。
でも、実はsubacoにも看護師がいます。

subacoで看護師はどんな働きをしているのでしょうか?
subacoはどんなところ?
などなど、
今回はsubacoの看護師である西原マネジャーにお話を聞いてみましょう。

 


subaco:先輩社員の声にもありますが、看護師さんなんですね?

西原:そうです。病院で勤めていましたよ。

subaco:では、看護師さんとして働いているんですか?

西原:いえ、そうではなくて、看護師資格を持った児童指導員です。今はマネージャーですが、アシスタントからトレーナーになって、リーダーを経験して現在に至っています。この間に傷の手当をしたくらいで、特にバイタルサインを測ったりもしていませんよ。

subaco:転職するとき悩みませんでしたか?

西原:私の場合それはなかったです。療育に携わりたいという思いが強くあったので。自分が看護師であるか否かはそれ程大きな問題ではありませんでした。けれど、不安はありましたね。専門職ですからそこにアイデンティティもありますし、看護師という役割に守られているところもあります。ただ、subacoでは資格によってではなく、児童指導員としてなので、分け隔てがなく実力が評価されますから実力を発揮しやすいですね。
 特に、看護師は患者さんのためにアロマを勉強したりマッサージを勉強したり、床ずれを専門にしたりなど看護を足がかりに様々なことにチャレンジされる方がたくさんいます。subacoも利用児童や利用者さんがどうすれば社会に参加していけるだろうと、より良いものを取り入れアプローチを発展させていく土壌がありますので、
考え方は似ているのかもしれないですね。
 また、科学的根拠に基いて考える習慣も身についているのでsubacoのアプローチに馴染んでいきやすいと思います。
    
subaco:では、療育に携わってみてどうでしたか?

西原:良かったです。病院で勤めていたとき、「退院後この子はどうなるんだろう?」「こんな風に関われたら良かったのに」という疑問や感じていたことがありました。日常生活に制約があったり、みんなができることができなかったりすることを想像していました。今は、subacoで療育に携わり発達に躓きを持つ子どもたちが社会に参加を果たすことができて、その中で子どもたちの「できた!」という喜びに一緒に喜べる経験をさせてもらっています。毎日勉強で大変なことももちろんありますが、それもこの「できた!」の瞬間のためなんだと思います。

subaco:西原マネージャーありがとうございました。subacoには専門資格をもった職員がたくさんいますが、今回は看護師さんをクローズアップしました。一口に専門職と言っても、外から見るイメージと現実は異なるものなんですね。

 

以上、「求職者の方へ【看護師編】」でした。